その業務、効率化しませんか?

人件費お一人様、半日分のコストで。

詳しい資料をご請求

賃貸住宅の家主・オーナー営業を、低コストに、手軽に。

賃貸ネタラボ資料

賃貸物件の家主・オーナーの新規開拓、囲い込み営業において、独自のマーケティング・ツールや営業ツールは欠かせません。

昨今、マーケティング施策として「家主・オーナー向けニュースレター(情報誌)」などのオウンドメディアを活用し、業績を伸ばす事業者様も多いかと思います。

ニュースレターとは
呼称は、「オーナー通信」「オーナー向け情報誌」「会報」など様々ですが、ニュースレターは、賃貸管理、仲介業において、もはや一般的なマーケティングツール、オウンドメディアといえるのではないでしょうか。その基本について述べたいと思います。

しかしこれらのツールは、そのコンテンツを作るのに多大なる労力と時間を要します。

労力と時間は、すなわちコストです

特に、少数精鋭で利益の最大化を図ろうとする事業者様においては、ノンコア業務ともいえるマーケティングツールづくりに多大なるコストを掛けることは、極力避けたいところではないでしょうか。

「賃貸ネタラボ」では、これら事業者様における賃貸住宅のオーナー開拓、囲い込み営業に掛かる「コスト」を、圧倒的に軽減させると共に、業績アップに寄与するサービスをご提供しております。

賃貸物件の管理戸数、戦略的に増やせます

賃貸物件の管理委託契約をオーナーと結ぶためには、オーナーの信頼を勝ち取る必要があります。

オーナーの信頼は、貴社がその地域において、賃貸経営のスペシャリストとして認識されることで生まれます。

それには、自社のアピールに終始した広告宣伝よりも、オーナーの立場で、賃貸経営に役に立つ情報、すなわち顧客本位の情報を、継続的に提供することです。

そうすることで、契約する以前に、既にオーナーの「役に立つ」存在になります。

事業者として役に立つ存在であることの、「可視化」を図ることです。

そして、その取り組みを継続させ、オーナーの心に自社を「刻み込む」のです。

さて、これらを実現するには、定期的に送付する「家主・オーナー向けニュースレター」などのオウンドメディアは、最良のマーケティング・ツールといえます。

ニュースレターなど、オウンドメディアを用いたマーケティング施策で参考になるデータ
「家主・オーナー向けニュースレター(情報誌)」など、いわばオーナー・マーケティングの鉄板ツールです。これらニュースレター等オウンドメディア施策に不動産企業に限らず各企業はどのような意識で取り組んでいるのかデータから考察します。

「賃貸ネタラボ」では、賃貸物件の管理戸数を増やすのに効果的な、「家主・オーナー向けニュースレター」などのマーケティングツール、営業ツールを、労力と時間を圧倒的に掛けることなく、作成できるサービスをご提供しております。

専任媒介で募集できる賃貸物件を増やせます

不動産ポータルサイトによる賃貸物件探しが主流の昨今、ポータルサイト上で競合優位に展開するには、魅力的な物件を「専任媒介」で取り扱えることが、一つのポイントではないでしょうか。

ポータルサイトにおける入居者募集は、【専任媒介】なしでは苦戦必至
仲介業は熾烈な争いの渦中にあり、インターネット上でユーザー(入居希望者)を惹きつけられるかどうかで、ほとんど勝負が決まります。ポータルサイトを主戦場とするなら、専任で扱える物件を預かれるかで決まります。オーナー開拓、囲い込み施策が必要です。

競合他社が、魅力的な物件のオーナーに営業攻勢をかけている中で、貴社が「専任」で預かるには、やはりオーナーとの間に信頼関係を築くことがキーとなります。

「家主・オーナー向けニュースレター」などのマーケティング・ツール、営業ツールにより、オーナーに顧客本位の情報を継続的に提供することは、いわば信頼関係の土台づくりです。

「賃貸ネタラボ」では、それらのツールづくりを、労力と時間を掛けずに可能とするサービスをご提供しております。

営業ツールのクオリティを効率的に高められます

賃貸物件のオーナーの新規開拓や「囲い込み」を目的とした、「家主・オーナー向けニュースレター」などのオウンドメディアや、オーナーにアプローチするためのプレゼンテーション用資料・・・

これらのマーケティングツールや営業ツールは、ただ作れば良いというものではなく、その本来の目的が達せられなければ意味がありません。

不動産、賃貸経営関連の知識、知見はもちろんのこと、情報収集能力、マーケティングの知識、ノウハウも必要となります

それだけに、これらが乏しいスタッフ様では荷が重いといえます。

労力と時間を掛けたにも関わらず、一定以上のクオリティに達しないということも多々あります。

また、ベテランであっても、コア業務に時間が割かれる中で、スピーディにそれらのツールづくりを行うためには、クオリティについて妥協せざるを得ない、というケースもあるでしょう。

「賃貸ネタラボ」は、事業者様がプロフェッショナルとして、オーナーの信頼を得られるに足る、クオリティの高いツールを、労力と時間を掛けずに作成できるサービスを提供しております。

業務効率化とコスト削減、圧倒的に推進できます

マーケティングツール、営業ツールづくりを、一から十まですべて自社で行うとなれば、どれくらいの人件費が掛かるのでしょうか

作り方、内容によりますが、時事的な情報をまとめたような、最低限のスクラップ的な資料を作ることでさえ、情報の収集から、読み込み、取捨選択、体裁を整えるまでだけで、結構な時間を要します。

ましてやオリジナルのニュースレター(情報誌)といえるレベルのものの制作となれば、「言わずもがな」です。

コア業務にリソースを集中、生産性を高められます

また、それらのツールづくりをすべて自社で行うことは、人件費が掛かるだけではありません。

それだけ業務が煩雑化します。

その煩雑さは、やがてスタッフの疲労を生む心的負担となり、集中力と生産性の低下という、大きな損失をまねきかねません

マーケティングツール、営業ツールづくりは、オーナー開拓、囲い込み営業においては、非常に重要な業務です。

しかしながら、どんなに重要であっても作成する業務そのものは、決して直接会社に利益をもたらす業務とはいえません。

勝利をもたらすのは「武器づくり」ではありません。その武器を用いて戦うことなのです。

利益をもたらすのは、そのマーケティングツール、営業ツールを用いて取り組んだ、オーナー開拓、囲い込みの営業活動であり、それらにより獲得したオーナーに対して施した、あくまでサービス(業務)です。

企業経営においては、コア業務とノンコア業務を明確に意識する必要があります。

ノンコア業務は、徹底的な効率化および低コスト化を図らなければ、競争力を高められない、これは企業経営において鉄則です。

「賃貸ネタラボ」では、事業者様が「戦い」に集中できるよう、戦略的「武器」を労力と時間を掛けずに、調達できるサービスを提供しております。

賃貸物件のオーナーの平均年齢は、年々高齢化しています。

昨今では、事業者様と対面で直接的に接触することに、心的不安を感じるオーナーも少なくありません。

また、嘘偽りを言って高齢者宅を訪問し押し入る、いわゆるアポ電強盗を働くといった物騒な事件なども多発しています。

一般的にも、対面しての営業はゼロにするべきとは言わないまでも、必要最小限に留めることが社会的な趨勢になりつつあります。

だからといって、オーナーとの接触機会を少なくすることは、新規開拓、囲い込み、いずれの営業においても、マイナスの影響が及ぶのは否めません。

その点、「家主・オーナー向けニュースレター」などのマーケティングツール、営業ツールを用いた施策は、対面営業の頻度を下げても、優るとも劣らない成果を発揮させることで知られています。

これらのツールを通じ、オーナーは事業者様と接触し、コミュニケーションを取ることになるのです。

「賃貸ネタラボ」は、事業者様がこうした取り組みを積極的に行うことで、また一つ、オーナーからの信頼を積み重ねることに寄与します。

2021年版・ノウハウレポート 無料進呈中
ニュースレターは、マーケティング・ツール。実際にニュースレター(情報誌)をオーナー開拓、囲い込み施策として活用している賃貸管理、仲介の事業者様の声を基に、業績に結び付く情報発信やコンテンツの作り方について考察。また、ニュースレターづくりに「挫折しない」ノウハウも取り上げています。全48ページ。家主・オーナー開拓、囲い込み施策にご参考にしてください。※賃貸管理、仲介に携わる事業者様限定で進呈させて頂いております。
賃貸ネタラボ